建てる前に ーエコ・健康・安心と安全・快適ー

在来木軸工法  ナチュラルドライ

ファイル 10-1.jpgファイル 10-2.jpgファイル 10-3.jpg

日本住宅の主流である材木の軸組工法
現在 梁桁には米松仕様が一般的ですが、”ねじれ”や”狂い”を防ぐために高温人工乾燥を経て使用しています。
材木屋をやっていて高温人工乾燥は材木の持つ粘りを損なうのではないかと思っておりました。狂いを避けるために 集成材をすることも多くなりましたが、じっくり乾燥させて作る「ナチュラルドライ」に耳を傾けてみてはいかがですか。

強度試験(たわみ実験  平均) 10本   
                 ナチュラルドライ   8.13トン 表面われ
                 高温人工乾燥     7.13ト  芯われ                 
                 RW集成材      7.21トン 

Jフレーム工法

ファイル 9-1.jpgファイル 9-2.jpgファイル 9-3.jpgファイル 9-4.jpgファイル 9-5.jpgファイル 9-6.jpgファイル 9-7.jpg

Jフレーム
小さい土地を有効に利用できる工法です。たとえば 駐車場を1Fに作り、しかも強固で、大空間間取りを可能にする。2Fのリビング、キッチンも間仕切りが少ないので快適な空間が実現できます。

パネル工法

ファイル 3-1.jpgファイル 3-2.jpgファイル 3-3.jpgファイル 3-4.jpg

主に外壁に貼る合板等に断熱材を、工場で貼り合わせたものを使用するものを、パネル工法と呼ぶ。
メリットは、現場で行う断熱施工より、気密、断熱性能の精度は高く、結露対策と、耐震対策に優れている。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ