建てる前に ーエコ・健康・安心と安全・快適ー

基礎断熱とエネルギー

ファイル 5-1.jpg

木造住宅の断熱工法は
①壁の内にグラスウール断熱材を張り込む      この施工方法は一般的で比較的安価である
②家全体をスッポリ発砲断熱材で囲む        この施工方法は①より高い性能は確保できるが価格は高めです

いずれの施工方法も最重要ポイントは”材質”で性能が決まるのではなく 現場職人の”丁寧さ”で決まるのです。

写真は基礎断熱工法です。夏は涼しく、冬は暖かい地熱を利用する断熱工法です。
この工法のバージュンアップ施工は、コンクリートの立上りと、ベタ基礎を一体に打設するので、継ぎ目がなくなり、アリや水の侵入を防ぎます。同時に継ぎ目のない基礎は耐震にもヒビワレを激変します。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ